まさかの、O'Reillyからのエイリアン本。

Land of Lisp

うわさには聞いていたが、ネタにしか見えない。

ぼくのなかでは、Land of LispはMusic Videoのインパクトが強すぎる。とても楽しみだ。ぴゃあ〜のぉ、ぴゃあ〜のぉ… (piano solo)

O'Reillyの本のほとんどは、最後のページに表紙の説明が書かれている。それを読むためだけでもこの本を買う価値があると思う。

表紙の説明無かった。内容も面白いし、翻訳も素晴らしいのに残念でならない。