YAPCの準備中、ふと、*-users.jpブームのきっかけは、YAPCだったなーなんて思い出した。2008年か。2008年といえば、Arcの最初のバージョンがリリースされた年でもある。なんだか感慨深いものがある。ずっと、Arcやってるんだもんな。

そんな思い出に浸りながら、重い腰を上げた。とりあえず、wikiっぽいなにかをでっちあげた。箱だけ用意しただけで、まったくのノープランだ。編集してくれる人を募集中なので、Arc-users.jpを見てください。

ちなみに、4年間で、Sinatraでつくろうかと思う規模のアプリなら、Arcで書きたいと思えるレベルには育ててきた。人知れずだが、Arcは前進しているのだ。ぼくは歩みを止めない。

しかし、ブームが去った後ってのはヒドいものだ。サーバ落ちてたり、ドメイン失効してたり、スパムサイトみたいになってたり。ruby-users.jpとか、python-users.jpとか、それはヒドいものだ。

同志達よ、放置しながらも、ドメインだけは死守してきた、我らが勝利だ!